画像処理

画像処理におけるセグメンテーション

画像のセグメンテーションは、デジタル画像処理で一般的に使用される技術です

本記事では、そのセグメンテーションについて解説していきます。

セグメンテーション

画像は、一般的に画像内のピクセルの特性に基づいて、部分または領域に分割されます。この分割処理のことをセグメンテーションと言います。

分割された領域はセグメントと呼ばれます。

画像のセグメンテーションを行う上で重要となる形態処理の代表的な処理として、"Dilation "と "Erosion "と呼ばれる処理があります。

それぞれの特徴を見ていきましょう。

 

Dilation

Dilationとは拡張や膨張という意味です。

着目した画素の近傍に少なくとも1が存在する場合に、その画素を1にする処理のことです。

こうすることで、領域の境界に画素を追加したり、穴を埋めたりできます。

図のDilationは、着目した画素の8近傍で処理しています。4近傍で処理した場合は、また違う結果になります。

Erosion

Erosionとは、領域の境界のピクセルを除去する処理のことです。

着目した画素の近くに0が1個でもあれば0にする処理です。

Dilationがわかれば、この処理は容易に理解できますね。

もちろん、8近傍と4近傍で結果は変わります。

 

-画像処理

Copyright© I am Human , 2022 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.